特定非営利活動法人 富山県防災士会

理事長 小杉 邦夫

 ごあいさつ

 

 特定非営利活動法人富山県防災士会の前身である富山県防災士会は、平成19年5月26日、わずか20名の会員で設立され、日本防災士会富山県支部として全国29番目に認定されました。

 

     今日まで富山県・各市町村および各関係機関との連携を積極的に図り、県内防災士のネットワークの拡大とスキルアップ研修に鋭意努めて参りました。

 

 お陰をもちまして県内関係各方面から深いご理解をいただき、年間150件以上の防災講座や防災講演、また県・各市町村等が行う総合防災訓練にて多くの地域住民に対する啓発活動を行って参りました。こうした活動を通して地域防災力の向上に微力ながら貢献することができたと思います。

 

 このたび、平成29年5月で設立10周年を節目に、過去から現在そして未来へと持続的な活動に向けて、平成30年1月4日に特定非営利活動法人化の認定を受け、新たな活動を展開しております。

 

 これを機に私たちは、更なる10年・20年に向けて防災の力をすべての人たちと共有し、防災・減災協働社会の実現に向けて、積極的に寄与して参りたいと存じます。